FC2ブログ

ドアノブの向こうに見える幸せ

年に2度ある新ショウガの季節がやってきました(遅い?)。
昨日はYちゃんの誕生日、無事おめでとう!!
P1090898_convert_20161027143152.jpg
たこ焼き家族にとって「紅しょうが」はタコの次に命。
前期に作った紅しょうがが残りわずかになってたので 良心市で即買いました。
母の紅しょうがはしょっぱかった~。でもたこ焼きに入れると紅色がきれいで美味しかった。
赤しその色はちょっと薄くなるけど「薄紅しょうが」にしま~す。


大阪のMちゃんから電話がかかって来ました。
「今朝、ドアノブ自分で開けて学校に行ってん!!!」

一瞬、「なんで?普通、ドア開けるやん。」・・・。
ごめん。見えないと分からない事だらけやね。

強迫性障害になった娘さんはドアノブに触ることも苦しいそう。

「今日は自分で開けたやろ~がんばってん。行ってきま~す♪」と笑う娘さんの姿に
思わず嬉しさが込み上げてきて、誰かに言いたくて私に電話してくれたと・・・。
「お母さんが褒めてくれるから頑張れるねん。」の言葉に陰で涙したとも。

下の子ばかりに気がいってて お姉ちゃんのことは「大丈夫」やと思ってた。
でも本当はすごく寂しかったんやと 娘のSOSにやっと気が付いたと。
私も思い当たる節多々ある・・・。Mちゃんのお陰で私も気付けたよ。

「でもな~ハンドソープの減りが半端ないねん!
洗う度に3プッシュしてるからせめて2プッシュにせえへん!?って交渉してるねん。」
なんともMちゃんらしい。

今日も笑って過ごそう~♪


スポンサーサイト

やっぱり手縫い

ミシンでダァーッと縫えたらいいんやけど・・・細かい作業を手縫いで丁寧にやります。
両袖を縫い付けるのに1時間。
P1090895_convert_20161025141846.jpg
ちょうど眠たくなる時間、もう少しもう少し~と夜が更けていきます。

先日新聞で見つけた告知記事。
P1090897_convert_20161025141940.jpg
ネットに出品しているリメイクバッグもそろそろ入れ替え時期かな?と、全部持って行きました。
いい仕事をしてるので(自画自賛・笑)スタッフさん達が喜んでくれました。
長期入院・闘病の見えない大変さがわかる・・・だから少しでも力になりたい。

置き換えてみる♪

「かるぽーと」まで1か月切りました。
P1090892_convert_20161024104413.jpg
着々と準備を進めています。

『お袋さん』がいっぱいになるくらい、新しいお洋服を作ります。
P1090893_convert_20161024104616.jpg
なかなか、大変だけどね。

「がんばる」半分を→「はりきる」に切り替えて、ピーンと張り詰めてるものを切って楽しむ。
「休む」という罪悪感を→自分自身を「いたわる」に置き換えてみる。
見方を少し変えるだけで こんなにも違うなんて。
ひとりお昼ご飯を食べるときのテレビから教わりました。


捉え方の軌道修正

無事に48歳になって(笑)かるぽに向けて準備を始めています。
昨日は白を基調とした布ばっかりを縫いました。
P1090886_convert_20161019110259.jpg

男の子用にと買ったクマの布も・・・フリルやボンボンで地味に可愛く♪
P1090887_convert_20161019110509.jpg

毎回毎回、ドキドキで待つ出店参加可の通知。
「かるぽーと」での開催、今年は2週間ほど早くなっています。
P1090890_convert_20161019110638.jpg

山ほどある難解な難問に立ち向かうには 自身の考え方の軌道修正をすることが大切らしい。
そうやって大阪(熊本も)のみんなが私に接していてくれたことに気が付きました。
親友のMちゃんが教えてくれた本に書いてました。

字がね~小さくて~それだけならまだいいんやけど、なんせ40年前に書かれた本。
「え」を「ゑ」とは書かれてないけど 言葉はそれに近い(笑)。
あともう少しで読み終わるよ♪




水前寺清子を口ずさみながら♪

娘の炊飯器あんこで作りました「しぐれ小豆」。
作り方はいたって簡単!材料を混ぜて9分チンするだけ。
P1090885_convert_20161017101907.jpg
時間が迫っているのに・・・スミマセン。
トホホ・・・かるぽの準備も遅れ気味です。

子どもたちも無事に学校に行きました(ホッ)。
ああ・・・明日から中間テスト。
今回は初めて息子が「社会がかなり本気でヤバい!!!」の一言。
聞くと世界史と日本史がテスト範囲になってて混乱してる様子。
世界と日本、同時期に何が起こってるか表(年表)に書いて可視化したら一目でわかるやろ~☆
苦手なこともやり方、方法を変えると出来るようになる~。
ひとつづつクリアーして進歩です。

♪しあわせは~んにゃっ~歩いってこない。だ~かっら~歩いってゆくんだねぇ~♪
なんて心で歌いながら 柿渋塗ってます。

コラボ2

みかんの季節が始まったと思いきや、もう「柚子」です。
P1090883_convert_20161015204224.jpg
偶然通りかかった良心市で4個100円だったので・・・買い占めてきました。
早速、柚子サワーとジャムに♪

で、娘が柚子ジャムを使って「大福」を作ってくれました。
P1090884_convert_20161015204317.jpg
柚子入りあんこが美味しかった~娘と私の至福のひと時。息子は食べるだけ。
久しぶりにゆっくり時間が流れる土曜日。だって子どもらテスト期間中やもん~。



ほんとうの辛さ

最近は目も衰えて(笑)小さな作業が疲れます。
と云うか、気を遣います。だから難しいご依頼は受けないようにしています。
P1090882_convert_20161014150156.jpg
でも、どうしてもなら引き受けざるを得ません。
たとええすぐに忘れ去られる存在(モノ)でも・・・。

ただ、作り手の思いも苦労も一緒に捨てられるのが哀しい。
時々そんな依頼がやってきます。がんばるぞー!!!

戦うMちゃんと娘

今年の夏休みの帰省。
親友のMちゃんに久しぶりに会ってきました。
「全然変わらんね~」とお互い「童顔=若く見える」と称えあいながら近況報告。

「んっでな~。やねんけど~。娘が強迫性障害やね~ん。」とMちゃん。
悲壮感などみじんも感じさせず話してくれました。
「3歩進んで2歩下がるの毎日やねん。」と・・・。

「娘に、お母さんに私の苦しみなんてわかれへんやろ!!!!!!と言われたときは辛かった。
でも、あんた(娘に)も苦しんでるわが子を よう助けん母親の苦しみ、わからんやろ~。
って自分に怒りがこみあげてきてん!」
自分の無力さに叩きのめされて、感情を抑えきれず親子喧嘩したそう。

「でもええねん。お互いムカつくことは 言い合おう!って話したねん。
クールダウンの為の冷戦状態を作るようにして 一晩寝たら仲直りするねん。」
と笑いながら話すMちゃん。

「こうせ~なあかん、ああせ~なあかん、そうせ~なあかん・・・子どもたちが自分で考える前に
あかん!あかん!あかん!こうあるべき!!!と
子どもたちの可能性の芽を摘んできてしもうててん・・・。
猛反省したはずやのに また同じこと繰り返して・・・今度は娘やねん。」

「しんどい・・・」とポツリ。
「でもな~娘のおかげで面白い本見つけてん!
なんか難しいこと書いてるんやと思ってんけど・・・
藁をもすがる思いで読んだら子どもの事はもちろん、自分のこの性格形成が 
な・ん・と・な・く わかってん。」
Mちゃん、やっぱり凄い!転んでもタダでは起き上がらない性格(笑)。

私も読んでみたいと思って アマゾンで古本見つけました250円。
なんかね突っ込んだらダメやけど~肩こり腰痛の治療本みたいなタイトル。
P1090873_(1)_convert_20161012100211.jpg
少しでも寄り添いたい・・・と思いながらもう2か月過ぎたよ。遅っ、ごめんね☆
読書嫌いやけど 頑張って読んでみる~♪




季節外れのかき氷?

今日は何を作っているかと言いますと・・・
P1090857_convert_20161011145421.jpg

溶けてきました季節外れのかき氷!?
P1090858_convert_20161011145505.jpg

ではなく、ロウビキ用のロウを使いやすいように形を変えました。
P1090872_convert_20161011145602.jpg
どうやったら作り易いか、使い易いか、方法を探っています。
だってみんなも出来たら楽しいやん。
でも熱い…アイロンもロウも、夏は出来まっせ~ん。

修行

なんちゃって「ロウビキ」を考えてたら・・・
P1090855_convert_20161007110236.jpg
ラッカーを使ったのでちょっと頭がクラクラしてます。

「一喜一憂せず、一進一退を繰り返す」事の ま~むずかしいこと。
そんな修行!?みたいな日々を送っています(笑)。

朝から玄関の置時計を落っことして…割れました。
「弁償して~」と言ったもののボンドでくっつけて直ったので
私の気持ちも治ったよ~ん。
ごめんね息子、反省する母でした。

ただ淡々と 落ち着きを払って♪笑顔と感謝を忘れず♪
いつかきっとその成果が表れる日が来ることを望んでます。

みんな元気?

娘が作った「炊飯器あんこ」で水ようかんを作りました。
P1090850_convert_20161003120902.jpg
子どもたちが大きくなったので 一緒に作ることがめっきり少なくなりました。
息子に至っては全くと言っていいほど お手伝いもなくなりました。

「誰かと一緒に作る」といろんな発見があります。
親戚の法事や近所づきあいで沢山のことを教わりました。
今はもう教わることはできないけど・・・ちゃんと身についてるでしょうか。
栗を炊くと大好きなおば達を思い出します。

思い出と一緒にいただく味は格別です。


プロフィール

りんごじょうさん

Author:りんごじょうさん
「小さな事からコツコツと」
日々の暮らしの中で、自分に出来る事を楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR