FC2ブログ

とさのうと・33号

9月1日発行の「とさのうと」に掲載して頂きました。
1_convert_20180910104605.jpg

取材では 話にまとまりがなく~ひとりでしゃべり過ぎたのに
2_convert_20180910103415.jpg

「K+」のライターでもある「久保慧栞」さんが魔法をかけてくれました。
3_convert_20180910105359.jpg
「studio.ZONE V」のカメラマン「井戸宙烈」さんのお陰で 
私のドラえもんの手が 見事に母の手に変身しています。

『デザインと編集のしごと』社さんには本当にお世話になりました。
「JAバンク高知信連」さんにも感謝です。
ありがとうございました!


スポンサーサイト

記憶

「とさのうと」の取材で頂いた「うちでごはん」
飾らない、いつもの高知の食卓が沢山載っています。
DSC_0047_convert_20180822095135.jpg
本を見ながら おさらいを兼ねて順次作ります。
りゅうきゅうの酢の物は 娘が小学校で作って私に教えてくれました。
高知ならではの食材、子どもたちの記憶に残るといいな。

「うちでごはん」は 「とさのうと」に掲載されてた「農に携わる」お母さん達のレシピ集。
DSC_0048_convert_20180822095218.jpg
JA高知の「季刊誌」は高知での暮らしが満載、創刊号からのファンです。

レンズの向こうに映るもの

娘が「お母さ~ん、見て見て~。」
DSC_0042_convert_20180819113105.jpg
祖父が使ってた虫眼鏡。
6㎝程の小さいレンズなので多分携帯用だと思う。

壁に移ったのは リビングの照明。
DSC_0045_convert_20180819113147.jpg
映写機ってこの原理で映るんや~。
祖父のお陰で大発見。

最近小さな文字が見えにくくなってきたので 引き出しから出してきました。
実家では もう誰も使うことがないので(大きいのがあるので)私が持っています。
高知に居ても伝えれる事はまだまだあるな。そう思った事でした。

迎え火と送り火

来年からは私が「迎え火」と「送り火」をしようと思う。

子どもの頃は祖父が 祖父が亡くなってからは父が
藁を燃やし 提灯を持ってお墓に行きました。
実家の前の川はきれいにコンクリートで覆われちゃったけれど・・・。
ご先祖様の霊は本当に帰ってきてるんだ。
そう強く強く感じる今年の帰省でした。

楽しい事や嬉しい事、辛い事や悲しい事があるのが日々。
夏は暑くて嫌いだけれど やっぱりお盆はいいね。
「生きる」という事にしっかりと向き合える。

熊本の叔母のお土産の陣太鼓&お供えの御下がりも楽しみの一つ。
DSC_0036_convert_20180816165515.jpg
高島屋の地下食品街で行列作ってたお店だ!
おじいちゃんありがとう!




じいちゃんに会いに行く

お盆はじいちゃんが帰ってくるので会いに行きます。
今年も弾丸帰省、娘とふたり。
DSC_0029_convert_20180809124237.jpg
9月の文化祭、お茶会に着る浴衣を買った娘・・・。
遺伝を感じる渋い柄選び。高2で番傘に麻の帯、選ぶ?
私もこの浴衣着た~い(^^♪

プロフィール

りんごじょうさん

Author:りんごじょうさん
「小さな事からコツコツと」
日々の暮らしの中で、自分に出来る事を楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR